脱毛器で火傷しないか心配なあなたへ

フラッシュ脱毛器と火傷

レーザー脱毛やフラッシュ脱毛は、お肌に直接光を当てるので火傷を心配する方は多いかと思います。確かに、これらの脱毛には火傷のトラブルは起こり得るものです。
人間のお肌には、メラニンというものが存在します。レーザー脱毛やフラッシュ脱毛は光を当て、その光をメラニンに吸収させて発熱を起こし、その熱で毛を焼いて脱毛するのです。毛自体にもメラニンが存在します。レーザー脱毛やフラッシュ脱毛をするならば、発熱は避けられません。
しかし、エステサロンで行われる脱毛や、家庭用脱毛器は火傷が起こらないよう工夫がなされています。脱毛によって火傷を負うトラブルはごく稀なのです。

ごく稀なのに火傷を負ってしまったのならば、原因はお肌の冷却が充分ではなかったのでしょう。火傷というものは、お肌が熱に耐えられなくなり、お肌の温度が高温になってしまう状態のことです。
脱毛する前にお肌を冷却すれば、レーザーなどによって温度が上がったとしても火傷するほどにはならないのだそうです。脱毛した後も冷却することも効果はあるのですが、脱毛前の冷却の方が効果は高いです。
火傷を心配するならば、事前にお肌を冷やしておくことで火傷を回避することが出来るでしょう。

また、お肌が乾燥している状態も避けたいことです。乾燥状態は火傷を引き起こしやすいので、保湿しておくというのも効果的です。
他にも敏感肌であったりアトピー肌であるならば、火傷トラブルは起こりやすいかもしれません。
お肌がダメージを受けた際に過剰に反応してしまう場合があるからです。
敏感肌などであれば、長時間の脱毛器の使用をしないなどの工夫が必要でしょう。